『金ト銀』の墨

普通の墨と同じように硯で磨って使える、金と銀の墨です。大・小サイズをご用意。
材 料:金属粉末、にかわ
大きさ:大:幅1.8cm×高1.2cm×長5.5cm
小:幅1.5cm×高1cm×長4.8cm
価 格: (サイズ:大) 10,800(税込)
  (サイズ:小) 7,560(税込)

↑クリックすると拡大表示価
この墨はどんな墨?

気軽に楽しく金、銀色の筆文字が書けるのです。彩煙墨、黒い墨を混ぜて使用すると、筆の跡は金、銀色、滲みは混ぜた色になります。白い和紙に書くと金と銀色が浮かび上がって見えます。

使い方はどうするの?

普通の墨と同じで硯で磨ってください。黒い墨の感覚では、濃墨以上に磨って下さい。後は黒い墨と同じです。

裏技はあるの?

金、銀色を濃くしたいときは、磨った墨液を5分間放置して、金、銀の成分が沈んだら少し上澄みを捨てて下さい。 和紙は厚いほど、また写経用の紺紙や濃く染めた染紙などにかきますと金、銀の発色はさらに効果的です。

他の墨とどうして混ぜたらいいの?

1. 金あるいは銀を磨ります。 2. 混色する墨を磨ります。 3. 筆に1、2の墨をつけて書きます。このとき1、2の墨の分量に差をいかにつけるか、絵皿で筆につけた墨をくずしてみる…などの工夫で一筆一筆に変化が現れます。墨が乾きますと幻想的な文字に変身します。この変化は白い紙が効果的です。

金ト銀の動画


[BACK]