彩煙墨五本セット『蒼墨系』

青味がかった色を集めました。
色名 : 滅紫、銀鼠、熨斗目花色、松葉色、鉄色
材 料:煤、顔料、膠
大きさ:幅1.6cm×奥行1.1cm×長さ5.2cm
ブック型ケース入り
価 格: 12,960(税込)

↑クリックすると拡大表示価
彩煙墨の使い方

普通の黒い墨と同じ硯で磨ってお使い下さい。
当工房で販売中のプラスチック製の硯も便利です。
磨ったら、筆につけて、描くだけ。
とっても、簡単で楽しくて、おもしろい!

彩煙墨で柿を描きます

@用具を用意します。筆は腰の強い筆と水の含みの良い筆があると良いです。
A彩煙墨は柿を書くので、松葉色、利休茶、鳶色、珊瑚朱を用意
B腰の強い筆で柿の輪郭を描く。
C柿のへたを松葉色、利休茶で描き、枝を鳶色で描く。
D柿の実を珊瑚朱で描く。
コツは濃墨の彩煙墨をたっぷりと水を含ませた筆の先端に付けて
側筆(筆を寝かる)気味で描く

紫陽花を描きます

「紫陽花」
彩煙墨を使って描いています。
堀池が描きました。滲み,かすれなど等黒い墨と同じ感覚で色がある。墨が楽しく仕上げてくれました。使用した色・藤色、熨斗目花色、松葉色、利休茶、紀州墨

彩煙墨五本セット『蒼墨系』の動画


[BACK]